つよしろぐ

心理学部学位授与確定系男子のぼやき

 

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

 

 

皆さんは、漫画って読みますか?

 

青春、バトル、SF、ファンタジー、ギャグ・・・

いろんな種類がありますよね。

 

 

今回ここで1つ、とある漫画を紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:t_y_s0610:20170310183646j:plain

 

鋼の錬金術師 荒川弘

 

錬金術が存在する架空の世界を舞台としたファンタジー漫画(作品の帯などでは「ダーク・ファンタジー」であるとされる)。物語の世界は、19世紀産業革命期のヨーロッパをモチーフにしている。ダーク・ファンタジーがテーマとなる漫画作品であるにも関わらず、世界観などの雰囲気が暗くなりすぎないイベントシーンなどに評価が高く、コミックスが6000万部以上を売り上げるなど、エニックスお家騒動による主要作品を次々と失って低迷をしていた月刊少年ガンガンの売上・発行部数にも貢献した。連載終了後も、月刊少年ガンガンの発行部数が大幅に急落するなど、反響が大きかった作品ともいえる。

Wikipedia引用)

 

他情報について知りたい方はコチラ

鋼の錬金術師 - Wikipedia

 

絵も上手くてバトルの描写もハラハラする

主人公のみならず登場人物1人ひとりの情景がきめ細やかに

表現されている

 

本当に素敵な漫画です。

 

 

 

ちなみに僕の大好きなキャラがコチラ

 

 

 

グリードさんです。

人造人間(ホムンクルス)です。

僕と同じく『肌が黒い』という共通点があるのも

惹かれたポイントかもしれません。

 

 

 

さて、この記事の本題に入ります。

 

 

今回、なぜ鋼の錬金術師という作品を紹介したのか。

 

 

この作中にある名言を、どうしても皆さんに

知ってもらいたいからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:t_y_s0610:20170310183439j:plain

 

 

立って歩け

 

前へ進め

 

あんたには立派ながついてるじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・という言葉です。

 

 

主人公のエドワード・エルリック(漫画表紙金髪の男性)は

弟のアルフォンス・エルリック(弟)とともに

錬金術での最大の禁忌「人体錬成」に手を出してしまいます。

錬金術を用いて死人をこの世に生き返らせようとしました。

この兄弟は亡くなった母親を蘇生しようと試みますが

失敗しました。

 

 

そして人体錬成の代償として

エドは左足、アルは自らの身体すべてを失いました。

 

さらにエドは弟までも失うことを恐れ、右腕を代償に

弟の魂を甲冑に憑依させました。

 

 

左足を失い、機械の義足を取り付けて生きている

エドの放った言葉。

 

 

 

あんたには立派ながついてるじゃないか

 

 

 

 

たとえどんなに苦しくて辛い事があったとしても

このがある限り前に進むことができるのだと。

 

鋼の錬金術師は教えてくれました。

 

作中でもエドとアルは身体に負担がかかれども

困難に立ち向かっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの名言を、

終電を逃した彼氏持ちの女性にも伝えたいですね。

 

 

 

 

あんたには立派な(運転手)がついてるじゃないか

 

 

 

 

 

続く。

 

 

自分を受け入れてくれるのは誰?

最近、やたらと「歯が抜ける夢」を見ます。

一見、まぬけな内容の夢だと思いますよね。

ネットで 歯が抜ける 夢 で検索してみると

こんな意味があったんです。

 

 

 

まず、歯が抜けた位置によって意味も変わってくるようです。

前歯、八重歯、奥歯、上の歯下の歯・・・

 

僕がよく見るのは上の歯の前歯、側切歯という箇所です。

 

では果たしてどんな意味があるのか。

 

 

 

 

前歯は夢主の顔や世間体を表す。これが抜けるということは、夢主の社会的なポジションや周囲からの評判が下がることをあらわす。精神的に打ちのめされたり、発言権がなくなる可能性もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こわっ!!??

 

 

 

 

えなにこれこんな意味あったの

いや歯が抜けただけじゃん

口腔内にある人体の器官が分離しただけじゃん

 

自分、今日の運勢とか血液型占いとか

何の根拠もない情報だとわりきっていても

どこかで意識してしまうんですよね(人間皆だいたいそう)。

 

 

ここで特に気になったのが

社会的なポジション 周囲からの評判

というワードです。

 

 

社会的地位は、自分の能力が

周りから認められて、初めて立つことができますね。

 

周囲の評判は、自分からじゃ見えない

自分の要素ですね。

その要素が受け入れられるか否かは

周囲の人々次第です。

 

 

この2つのワードに関係するもの

それは受容です。

 

その名の通り「受け容れる」こと。

 

相手の言葉・感情などを、自分の価値観で批判したり評価をせずそのまま、ありのままに受け入れること

 

よく相手の印象や肩書き、武勇伝で

その人の価値基準を判定する人を目にします。

 

「LINEの友達1000人!」

「〇〇までヒッチハイクしました!」

「〇〇でリーダー経験があります!」

 

 

たしかにすごい人だと思います。

 

1000人の人と出会った。

たどり着くか不安な中、果敢に挑戦した。

何人もいるメンバーの中心に立った。

 

簡単にできることではないです。

 

 

 

ここで一つ考えてみてください。

 

自分のことを着飾っていませんか

 

1000人と繋がれたのは自分の力ですか。

1000人の人があなたと出会ってくれたからでしょう。

 

ヒッチハイクで目的地までたどり着けたのはあなたの力ですか。

その道中で出会って車に乗せてくれた心優しい人々のおかげでしょう。

 

リーダーになれたのはあなたに素質があったからですか。

その素質に気づき、ついてきてくれる人がいるからリーダーとして中心に立てているのでしょう。

 

 

すべて周りの人のおかげなんですね。

 

 

自分をカッコよく着飾らないと

周りの人は自分に興味をもってくれないのでしょうか。

 

 

 

自分のことを一番受け入れてくれる人がいます。

 

 

 

 

それは自分です。

 

自分が一番、自分のことを受け入れてくれるんです。

 

 

銀メッキで塗装した自分を作る前に、

ありのままの自分を愛することが

大事だと思います。

 

 

このままいくと幸せ信者に

なりかねないので止めておきますが、

この記事を読んでくれた人がもう一度

自分のあり方について考えてもらえれば

幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は

現実で前歯が抜けても

自分のことを受け入れます。

 

歯が抜け、まぬけでダサくて

顔がでかくて顔が濃くて唇が分厚くても

僕のことを最大限受け入れることができるのは

僕のみです。

 

 

 

歯磨いて寝ろよ!!